次世代3次元集積回路実現に向けた光圧力による金属3次元ナノ構造創成

道畑正岐
(東京大学 先端科学技術研究センター 光製造科学部門 助教)

2017年9月8日金曜日

学会参加

この時期に開催される学会が多く、私もいくつかの学会に参加予定です。

まずは先日、すでに終了しましたが、埼玉大学で開催された日本機械学会の年次大会に参加してきました。タイトルは「Whispering gallery mode 共振を用いたマイクロ球径計測」というもので、助成いただいているテーマとはやや趣が異なりますが、マイクロスケールの球の幾何学的な計測にトライしているものです。
やはり同じようなテーマで、明後日からドイツで開催されます国際会議にも参加いたします。
学会参加は準備などが大変なこともありますが、やはり人的にも情報収集的にも有意義であると思います。

早く助成いただいたテーマで研究成果を発表できるように頑張ります。

2017年8月16日水曜日

サイエンススクエア出展

先日、上野の国立科学博物館で開催されたサイエンススクエアという、小・中学生向けのイベントに出展してきました。

内容は、子ども達が好きな絵を描いて、その絵を3Dプリンタで出力し、その構造物を木に接着してオリジナルのスタンプを作るというものです。3日間で、それぞれ100名ずつの300名が定員ですが、事前応募で1034名の応募があったそうで、当日も活気がすごかったです。





財団にご支援いただいて開催するやさしい技術セミナーは高専生向けに研究などの話をするつもりですが、そちらもこれくらい盛況であることを願っています。

2017年7月6日木曜日

精密工学会 若手の研究会

私は、精密工学会を軸足に研究発表などを行なっておりますが、先日(6月21, 22日)、精密工学会の若手の会(アフィリエイト委員会)があり、名古屋大学と三菱電機 名古屋製作所に行ってまいりました。
参考精密工学会アフィリエイト委員会(今年度は私が委員長を仰せつかっております)

この委員会は精密工学会の中でも将来を期待される主に35歳以下の若手研究者で構成されており、年に4回ほど委員会と見学会などを行なっています。見学会では、大学や企業を訪れたり、大学では基調講演や若手同士の研究発表会などを行います。

今回も名古屋大学の3名の先生方のお話を聞かせていただき、また、特別講演として、国際宇宙センターのきぼう実験棟のプロジェクトに関わられてきた田中秀考先生のお話を聞くことができた大変貴重機会でした。また、名大の2研究室の研究室見学も行われました。
翌日は、三菱電機 名古屋製作所の見学をさせていただき、IoTを応用したeファクトリーや加工機などの講演とディスカッションを行いました。

次は、9月に京都にあるカシフジという歯車の会社で開催される予定です。



2017年6月1日木曜日

駒場リサーチキャンパス公開

直前の案内になりましたが、6月2, 3日(金, 土)と東京大学の駒場リサーチキャンパス公開が開催されます。
http://komaba-oh.jp

私が所属する先端科学技術研究センターと生産技術研究所が大々的にキャンパス公開を催すため、毎年、高校生、近所の住民の方のみならず、企業の方なども多くの方ら来場されます。

私自身も他の研究室などを見れて大変勉強になりますし、単純に楽しいです。もし今週末お時間があり、ご興味をお持ちのかたがいらっしゃれば、子どもから大人まで楽しめるイベントですので、ぜひいらしてください。

ちなみに私は「クイズ!先端研の研究を学ぼう」で電磁波のクイズの出題をする予定です。